自分の仕方は大丈夫!?歯科の教える歯磨きの仕方

なかなか歯磨きを綺麗にできないと嘆いている人

人の印象を決める重要な要素として、歯の綺麗さを挙げる人がいます。また歯の健康においても複数回の歯磨きは重要で、自然と実施している人も少なくありません。しかしただ闇雲に歯磨きを行っただけではなかなか綺麗にすることができず、逆に歯肉や歯の表面を痛めてしまい、結果的に口内の健康状態が悪化してしまうことがあります。そのような事態を避けるためにオススメなのが、デンタルクリニックによる歯磨きの指導やアドバイスです。

歯科お勧めの歯磨き方法とは

多くの歯科では歯の健康診断を実施しており、その際に歯磨きに関するアドバイスを行ってくれることがあります。力を入れてゴシゴシ擦るような歯磨きの仕方はあまりよくなく、適度な力を入れしっかりと細部にわたって磨くことが重要です。また歯並びにそって磨き順を決めておくことで、磨き残しなどを忘れる心配もありません。更に日頃の食生活においても、コーヒーやワインと言った歯に着色しやすい飲食物を避けることで、歯の綺麗さを保つことが可能となります。

歯ブラシ以外のアイテムも活用

歯の健康や綺麗さを保てる道具は歯ブラシだけではありません。歯間ブラシやデンタルフロスといった歯の間の汚れや食べかすもしっかり除去できるアイテムを同時に活用することで、更に口内を健康に保つことができます。また自身だけで綺麗にならない時はデンタルクリニックなどに依頼することで、歯石取りや歯の表面の汚れ取り、更にはホワイトニングなども依頼することが可能です。綺麗な歯を保ちたい時や正しい歯磨きの仕方を学びたいときは、まずはデンタルクリニックに相談されることをお勧めします。

根管とは歯の中の神経と血管(歯髄)がある部分で、根管治療とは歯髄を除去した後に洗浄や消毒を行い、痛みや炎症を抑える治療です。その後は、根管に薬剤を詰めて被せ物を取りつけて再び歯の機能を取り戻せます。